アクセス数

11月開催の当協会主催「がんのリハビリテーション研修会」【宮城県開催】ですが、よりいっそうの応募を望んでおりまして、募集期間を延長いたしました。
〈詳細ファイル(PDF)〉

リハビリエ房 「電卓スイッチの作製」
平成29年11月18日(土)
開催地:佐賀県

リハビリエ房 「電卓スイッチの作製」

佐賀県在宅生活サポートセンターでは今年度よリテクにカルエイド室を開設いたしました。
そのままでは使いにくい、体に合わない福祉用具を個人に合わせて 調整したり、新たに作製することで自立・自律生活を支援する事を 目的としております。
今回の「リハビリエ房」では福祉用具だけでなく日常生活を楽(快適) に過ごすための道具(生活便利品)を作製を行います。
講師の作業療法士の植田友貴先生、リハビリテーションエンジニアの井手藩文先生の指導の もと、用具の紹介と生活に役に立つ自助具を作製します。 是非、身近で便利な遭員を自分で作つてみませんか。

日程

平成29年11月18日(土) 13:30~15:30

講師

檀田友貴先生 「電卓スイッチの作製」
100円ショップの大型電卓を使った押しボタンスイッチの作製

定員

15名
受講料
500円

〈詳細ファイル(PDF)〉

平成29年度 現職者共通研修
平成29年11月19日(日)
開催地:佐賀県

平成29年度 現職者共通研修

主 催

一般社団法人 佐賀県作業療法士会

開催日

平成29年11月19日(日)9:00~14:30 (8:30~受付)

会 場

佐賀勤労者総合福祉センター(メートプラザ佐賀)
佐賀県佐賀市兵庫北3丁目8番40号

参加費

1講座 1,000円
※会員(日本作業療法士協会会員であり、佐賀県作業療法士会または各県士会に所属している会員)対象です。日本作業療法士協会のみの入会の方は佐賀県作業療法士会または各県士会に入会して下さい。
受講者は所属県士会入会を証明するもの(会員証あるいは入会費領収書など)をご持参ください。
証明するものがない場合は受講取り消す場合がございます。

締め切り

平成29年11月04日(土)

事例報告者のデータ提出期限

11月04日(土)

申し込み及び問合せ先

医療法人 智仁会 佐賀リハビリテーション病院
通所リハビリテーション吉原 木下 浩司
〒840-0013 佐賀県佐賀市北川副町新郷654-1
TEL:0952‐20‐1123 FAX:0952‐20‐1115
E-mail :tuusyo@yumekan.jp

①所属 ②参加者氏名 ③協会会員番号 ④受講講座名 を記載の上、E-mail またはFAX にてお申し込み下さい。

※悪天候等による公共交通機関の遅延・停止等で研修参加の遅延など生じた場合、以下の緊急連絡先までメールお願いします。

緊急連絡先

haramakiclinic@almond.ocn.jp(教育部長 前田 宛)

LinkIcon〈詳細ファイル(PDF)〉

認知症予防推進プログラム
平成29年11月26日(日)
開催地:佐賀県

認知症予防推進プログラム

日程

平成29年11月26日(日) 10:00~15:00(開場:09:30~)

場所

マリターレ創世(4階グランデピアッツァ)
佐賀県佐賀市神野東2-5-15

定員

200名(先着順)

会費

無料

申し込み

FAXにて受付中

〈詳細ファイル(PDF)〉

第5回 みんなで学ぼう呼吸ケア
平成29年11月26日(日)
開催地:佐賀県

第5回 みんなで学ぼう呼吸ケア
看護・リハビリの現場で役立つ!
息切れに対する包括的アプローチ~各職種の立場から~

日程

平成29年11月26日(日)
09:30~16:30

場所

佐賀県医療センター緑生館

参加費

5,000円

締め切り

平成29年11月17日(金)

定員

150名

〈詳細ファイル(PDF)〉

PT・OTも知ってほしい嚥下の基礎知識と評価
平成29年12月02日(土)
開催地:大阪府

PT・OTも知ってほしい嚥下の基礎知識と評価
~多職種連携も含めて訪問で困ったことないですか~

講師

志藤良子先生
言語聴覚士:茶山のさと、京滋摂食嚥下を考える会世話人、京都府言語聴覚士会理事
山下和典
作業療法士:RUSK副代表、京滋摂食嚥下を考える会世話人、NPO認知症排泄支援の会理事

開催日

2017年12月2日 13時~17時

参加費

5000円

定 員

40名 

場 所

大阪府:明治東洋医学院専門学校 http://www.meiji-s.ac.jp/access/

申し込み

合同会社臨床運動障害研究会ホームページよりお申し込みください
http://rinshoundoshogai.sakura.ne.jp/wp/

〈詳細ファイル(PDF)〉

第1回 地域で支える若年性認知症支援
平成29年12月03日(日)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第1回 地域で支える若年性認知症支援

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉

第2回 認知症の発症過程の理解と予防
平成29年12月03日(日)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第2回 認知症の発症過程の理解と予防

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉

多職種で支援する~長くおいしくたべること~
平成29年12月03日(日)
開催地:大阪府

たべること(つくること、かむこと、たべること) 研修会
多職種で支援する~長くおいしくたべること~

講師

志藤良子先生(ST)
辻秀治先生(調理師)
床井多恵先生(管理栄養士)
大塚賢先生(歯科医師)

所属

茶山のさと、あすかい歯科診療所(なおいあんメンバー)

開催日

2017年12月3日 10時~16時

参加費

6000円

定 員

40名 

場 所

明治東洋医学院専門学校 http://www.meiji-s.ac.jp/access/

申し込み

合同会社臨床運動障害研究会ホームページよりお申し込みください
http://rinshoundoshogai.sakura.ne.jp/wp/

〈詳細ファイル(PDF)〉

医療介護連携推進のための多職種連携研修会
平成29年12月12日(火)
開催地:佐賀県

医療介護連携推進のための多職種連携研修会

当連合会の運営につきましては、日頃より格別のご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、地域包括ケアシステムの実現に向け、地域包括ケアシステムを構築するための医
療と介護の一体的な推進が求められています。
研修会は、一つの事例を通じて、それぞれの役割と望ましい連携の在り方を学ぶことを
目的に多職種による事例検討会を開催致します。
ぜひとも、ケアマネジャー・訪問看護・訪問リハビリテーション・ヘルパー・MSW・
薬剤師などの多くの職種の方々の参加をお願い致します。
研修会参加希望の方は、別紙申込用紙により11 月22(水)までにFAXにて連合会事
務局宛お申込下さいますようお願い致します。

開催日時

平成29年12月12日(火) 10:00~17:00

開催場所

マリトピア3 階「大和」 佐賀市新栄東3-7-8 TEL0952-23-0111

研修内容

「地域包括ケアシステムの実現に向けて多職種で考える」
~事例を通じてそれぞれの職種から地域の課題を発見し解決方法を学ぶ~
・望ましい連携とは?
・チームで考えよう

講師

日本ケアマネジメント学会 副理事長 白木裕子 氏
(株式会社フジケア 代表取締役社長:北九州市)

対 象 者

ケアマネジャー、看護師、理学・作業療法士、ヘルパー、MSW、
薬剤師、保健師、管理栄養士、歯科衛生士ほか医療・介護関係者

参加費

1人 3,000円 ※当日受付にてお支払いください。
連合会関係団体以外の方は1 人 6,000 円

〈詳細ファイル(PDF)〉

医療介護改革 国から地域へ
平成29年12月17日(日)
開催地:大分県

医療介護改革 国から地域へ
~制度改正・報酬改定の動向から作業療法士に求められる行動を考える~

日 時

平成29年12月17日(日)9:50~12:00(受付9:30~)

場 所

大分大学 旦野原キャンパス 第2 大講義室(大分市大字旦野原700 番地)

講 師

小川 克巳 氏(参議院議員 理学療法士)
コメンテーター
杉原 素子 (日本作業療法士連盟 会長)
コーディネーター
荒木 良夫 (大分県作業療法士連盟 会長)

対 象

作業療法士、理学療法士、言語聴覚士及び関係職種

参 加 費

作業療法士2,000 円、他職種2,000 円、学生500 円
※当日、大分県作業療法士連盟への入会は可能です。

申込方法

別紙申込用FAX を大分県作業療法士連盟事務局へ送信してください。

締切

平成29年11月30日
※定員となり次第、締め切りとさせていただきます。

後 援

(公社)大分県作業療法協会 (公社)大分県理学療法士協会
(公社)大分県言語聴覚士協会 大分県理学療法士連盟

問合せ先

藤華医療技術専門学校 鳥越克志 TEL:0974-22-3800

〈詳細ファイル(PDF)〉

第2回高次脳機能障害リハ講習会
平成29年12月17日(日)
開催地:佐賀県

平成29年度第2回高次脳機能障害リハビリテーション講習会の開催

本県の保健福祉行政の推進につきましては、日ごろより格別の御協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
高次脳機能障害は、事故等で外傷や脳卒中等により、脳にダメージを受けることで、記憶、注意、遂行機能などに障害が生じ、生活に大きな支障をきたすものです。障害が外見上目立たないため、周囲からの理解が得られず、適切な配慮がされにくいという特徴があります。
今回、高次脳機能障害への認識を深めるため、当事者、家族、県内の医療、保健、教育、行政、福祉従事者等を対象に標記講習会を下記のとおり開催することになりました。
つきましては、多くの関係者に参加していただきますよう当研修会の周知について御協力をお願いいたします。
また、参加ご希望の方は、別紙に必要事項を御記入いただき、12月11日(月)までに、実行員会事務局(佐賀県障害福祉課)までFAX またはメールでお申し込みください。
なお、定員が100 名となっております。100 名を超えましたら、参加できませんのでご了承ください。

日 時

平成29年12月17日(日曜日) 13:30〜15:10

場 所

佐賀市保健福祉会館(ほほえみ館)4 階 視聴覚室
〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北三丁目8 番36 号

内 容 講演

「高次脳機能障害、特に社会的行動障害への対応」

講師

東京慈恵会医科大学附属第三病院 リハビリテーション科
教授 渡邉 修 氏

実行委員会事務局

佐賀県健康福祉部障害福祉課
精神保健福祉担当 廣重
TEL 0952-25-7401
FAX 0952-25-7302
E-mail:hiroshige-yumi@pref.saga.lg.jp

申込締切

平成29年12月11日(月)

〈詳細ファイル(PDF)〉

第3回理論やエビデンスに基づく認知症ケア
平成29年12月23日(土)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第3回 理論やエビデンスに基づく認知症ケア

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉

第4回認知症の人の在宅生活支援 ~看護師の視点から~
平成29年12月23日(土)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第4回 認知症の人の在宅生活支援 ~看護師の視点から~

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉

第4回地域における認知症の人の生活支援~認知症初期集中支援チームの実践から~
平成29年12月23日(土)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第4回 地域における認知症の人の生活支援~認知症初期集中支援チームの実践から~

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉

第5回認知症のIADL 障害とリハビリテーション
平成30年01月20日(土)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第5回 認知症のIADL 障害とリハビリテーション

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉

第9回学術集会開催および演題募集
平成30年02月03日(土)
開催地:福岡県

第9回 学術集会開催および演題募集

日時

平成30年02月03日(土) 09:00〜(仮)

会場

福岡国際会議場5階 中会議室
福岡県福岡市博多区石城町2-1

内容

特別講演

光安 廣倫 先生(光安整形外科 副院長)

教育講演Ⅰ

田崎 和幸 先生(愛野記念病院 手外科センター)

教育講演Ⅱ

野中 信宏 先生(愛野記念病院 手外科センター)

ディベート

手指屈筋腱断裂術後の外固定について~屈曲位固定 VS 伸展位固定

その他
一般演題,ランチョンセミナーなど

参加費

事前受付 6,000 円(弁当・お茶代込み) 当日受付 7000 円
■同日「第 39 回九州手外科研究会学会」開催予定(同会場)
■詳細は九州ハンドセラピィ研究会 HPhttp://kyushuhand.com/まで。 (随時更新予定)

演題募集

  1. 応募資格: OT・PT
  2. 発表形式: 口述発表(一般演題)
  3. 応募期間: 平成 29 年8月 7日(月)〜 9 月 15日(金)
  4. 応募方法: 九州ハンドセラピィ研究会 HP より抄録作成要項を入手し、 演題応募 E-mail アドレスへ作成した抄録を添付してお送り下さい。 →詳しくは抄録作成要項をご覧下さい。

学術集会事務局

川﨑病院 手外科センター 作業療法士 武田 実
TEL:0943-23-3351
Email: kyushuhand_9fukuoka@yahoo.co.jp

〈詳細ファイル(PDF)〉

脳卒中リハの達人になるために
平成30年02月17日(土)
開催地:大阪府

道免和久教授が伝授する「脳卒中リハビリテーションの達人になるために」

道免教授の四半世紀以上にわたる脳卒中リハビリテーションの実践経験から、診察法、評価法、予後予測、診療報酬制度、心の問題、臨床研究、脳科学とニューロリハビリテーションに至るまで、臨床に役立つ真実を伝授する講演会です。

【日時】

平成30年02月17日(土)10:0016:00

【会場】

大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)

【受講料】

12,000

【問い合わせ先】

兵庫医大リハビリテーション医学教室(http://www.neuroreha.jp

【申し込み方法】

NPO法人CRASEEDのセミナー申込フォームよりお申し込みください。

URL

http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2017/seminar20180217.html

〈詳細ファイル(PDF)〉

ADL評価法FIM講習会
平成30年02月18日(日)
開催地:兵庫県

西日本公式第18回「ADL評価法FIM講習会」

全国で今年度最後のADL評価法FIM講習会となります。
FIMver.3.0の評価基準を詳しく解説する初心者対象の講習会です。オリジナル動画や具体的な症例を通した採点法についての講義を追加しています。施設内での評価の統一や知識の確認のためにご参加ください。

【日時】

2018年2月18日(日)10:0013:00

【会場】

大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)

【受講料】

6,000

【問い合わせ先】

兵庫医大リハビリテーション医学教室(http://www.neuroreha.jp

【申し込み方法】

NPO法人CRASEEDのセミナー申込フォームよりお申し込みください。

URL

http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2017/seminar20180218.html

〈詳細ファイル(PDF)〉

呼吸理学療法実践セミナー
平成30年02月24日(土)
開催地:兵庫県

呼吸理学療法実践セミナー

正確なアセスメント技術と臨床に即した呼吸理学療法手技の完全マスターを目指します。
1日目・講義「視て触れて聴いて解るフィジカルアセスメント」
2日目・実習「呼吸理学療法手技完全マスター」

【日時】

2018年2月24日(土)25日(日)10:0016:00

【会場】

兵庫医療大学(神戸市中央区港島1丁目36

【受講料】

各日15,000円、両日27,000

【問い合わせ先】

兵庫医大リハビリテーション医学教室(http://www.neuroreha.jp

【申し込み方法】

NPO法人CRASEEDのセミナー申込フォームよりお申し込みください。

URL

http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2017/seminar2018022425.html

〈詳細ファイル(PDF)〉

SAOT勉強会
毎月第3金曜日
開催地:佐賀県

SAOT勉強会

このたび、数年前よりひらまつ病院・有島病院・白石共立病院で開催しておりました合同勉強会を平成22年2月より佐賀県作業療法士会協賛開催する運びとなりましたので会員の皆様にご連絡申し上げます。
つきましては下記の通りに今後開催していきますので、参加を希望される方は下記連絡先までお問い合わせ下さい。

日 時

毎月第3金曜日 19:00~21:00
担当者によって開催日時の変更ありお問い合わせの上ご確認下さい

場 所

白石共立病院、ひらまつ病院のいずれかで開催(お問い合わせ上ご確認下さい)

内 容

参加者による当番制で行うショートレクチャー(テーマは自由)・事例検討

参加費

無 料 ☆生涯教育基礎コース(1ポイント)

参加人数

30名前後 (人数が多い場合は参加をお断りする事もございます)

問い合わせ先

下記のアドレス、または電話にて問い合わせてください。

連絡先

白石共立病院 リハビリテーション部 作業療法科
      〒849-1112 / 杵島郡白石町大字福田1296
      電話:0952-84-6060
      FAX:0952-84-6711
      メール:kitoreha@air.ocn.ne.jp

LinkIcon<詳細ファイル>

NPO法人学びあい

NPO法人学びあい

私たちの障がい体験を、社会に活かします。
その1 【体験を活かした講義】リハビリ体験や障がい体験による講義、講演ができます。
その2 【研修イベント企画】片手の料理教室等の研修、地域リハイベントを協働企画します。
その3 【協働研究】リハビリテーション・医療・福祉に関する研究を当事者と協働で行います。
そして、私たち自身も社会参加、社会貢献が可能となります。

LinkIcon<詳細ファイル>

さんやまち
3の倍数月の第一金曜

さんやまち

「さんやまち」は、「集団」を「治療道具」として捉え、「個」を大事にしながら、環境を上手に活用し、「集 団」をツールとして利用し、介入する。そしてその介入でどのような効果を得るか、それを判定するためには どのような評価方法があるのか、を皆さんで考えていこう!という会です。 「木を見て森を見ず」⇒ 物事の一部分や細部に気を取られ、全体を見失うこと。 ・・・でも 1 本ずつの「木」を特性を知ることで、その森の良さを改めて実感できる瞬間がありますよね。 「木=個」に気配りしながら全体の見通しを立てると「森=全体」の見え方が変わります。 「個」を見ることができなければ「集団」を扱うことができない。 「集団」を扱うには「個」の特性を把握しなければならない。 「集団」を学ぶことで、「個」への対応にもより気配りができるようになる。 これは領域を問わず、作業療法士が対象となる方と接する上では非常に大切なことです。 皆さん、「さんやまち」で一緒に楽しみませんか?

さんやまち 代表 江渡 義晃

開催月

3の倍数月(3月、6月、9月、12月)の第一金曜
19時頃から90〜120分間で開催します。

会場

その都度決定します。

内容

事例(グループ)検討、文献抄読、テーマ討議等を予定

参加費

「さんやまち」会員は参加費無料(年会費1,000円)
非会員は1回の参加につき500円徴収致します。
(一社)日本作業療法士協会SIG認定を受けています。参加に伴い生涯教育基礎コースポイント給付対象となります。

問い合わせ先

事務局 佐々木 絵里 医療法人清心会 服巻医院 Fax 0955(72)2359 メールアドレス sanyamachi_2016@yahoo.co.jp

<詳細ファイル(PDF)>