アクセス数

11月開催の当協会主催「がんのリハビリテーション研修会」【宮城県開催】ですが、よりいっそうの応募を望んでおりまして、募集期間を延長いたしました。
〈詳細ファイル(PDF)〉

第32回日本RAのリハビリ研究会学術集会
平成29年10月21日(土)
開催地:京都府

第32回日本RAのリハビリ研究会学術集会

会期

平成29年10月21日(土)

会場

同志社大学寒梅館 ハーディーホール
〒602-8580 京都市上京区烏丸通今出川上る西側

特別講演

「最新の関節リウマチ治療とリハビリ介入」

富山大学医学部整形外科
松下 功先生

教育講演

「関節リウマチにおけるリハビリテーションのエビデンス」

神戸大学大学院医学研究科外科系講座リハビリテーション機能回復学
特命教授 酒井良忠先生

ランチョンセミナー

「関節リウマチに対するスプリント療法」

甲南加古川病院
作業療法士 松尾 絹絵先生

「関節リウマチの下肢装具で気を付けていること」

川村義肢株式会社
義肢装具士 市川 俊介先生

運営事務局

社会医療法人仙養会 北摂総合病院
〒569-8585 大阪府高槻市北柳川町 6-24
TEL
072-696-2121(北摂総合病院:蓬莱谷耕士 遠近太郎 )
075-257-6508(京都医健専門学校:谷村浩子)
e-mail :jarr.32th.meeting@gmail.com
HP: http://jarr-omc.sakura.ne.jp/Greeting/

〈詳細ファイル(PDF)〉

第61回 佐賀県作業療法士会 学術研修会
明日から役立つ心疾患の作業療法
平成29年10月22日(日)
開催地:佐賀県

第61回 佐賀県作業療法士会 学術研修会
明日から役立つ心疾患の作業療法

日程

平成29年10月22日(日) 10:00~15:00 (受付開始09:30~)

会場

医療福祉専門学校 緑生館

参加費

2,000円

定員

50名

〈詳細ファイル(PDF)〉

アクティビティーインストラクター
平成29年10月22日(日)
開催地:長崎県

アクティビティーインストラクター 資格認定セミナーin長崎

日時

平成29年10月22日(日) 10:00~16:15

受講料

8,300円 (テキスト付き)

定員

70名

会場

南島原市加津保健センター

〈詳細ファイル(PDF)〉

終末期・緩和ケア作業療法研究会
平成29年10月28・29日(土・日)
開催地:熊本県

終末期・緩和ケア作業療法研究会

この度、終末期・緩和ケア作業療法研究会 年次研修会を下記の要領で企画いたしました。今回は「人生の物語に最期まで寄り添う」をテーマに、“最期まで寄り添う”ために必要な知識や技術について学び、事例をとおして参加者同士の経験や情報を共有し研鑽する場にしたいと考えています。今後、終末期に関わる機会はますます増えてくると考えられます。臨床経験の豊かな先輩方のお話をいただき、作業療法士として何ができるのかを考える機会にしていただければと思います。

テーマ

人生の物語に最期まで寄り添う 

主 催

終末期・緩和ケア作業療法研究会

日 時

20171028日(土)1230受付開始 1300分~1730
2017年1029日(日)9301515

場 所

熊本保健科学大学(1号館 キャンパステラス)
熊本県熊本市北区和泉町325(JR鹿児島本線 西里駅)

内 容

【1日目】
・OTのための緩和ケア基礎知識:田中 一彦 OTR(松阪中央総合病院)
・OTのための緩和ケア基礎技術:臂 美穂 OTR(公立みつぎ総合病院)
・事例検討会:グループワーク:事例提供 後藤 啓士郎 OTR(済生会熊本病院)
【2日目】
・OTのための質的研究:佐川 佳南枝 OTR(熊本保健科学大学)
・人生の物語を聴くということ:野尻 明子 OTR(熊本保健科学大学)
・在宅医療におけるものがたりケア:清藤 千景 医師(清藤クリニック)
・最期まで寄り添うということ:目良 幸子 OTR(たなかクリニック) 

対 象

終末期に関わるOTを対象にしていますが、興味がある方はどなたでも

参加費

研究会会員8,000円、非会員12,000
【1 日のみ参加】研究会会員 4,000 円、非会員 8,000 円
    *申し込み時に入会されると会員となれます(参加費とは別に入会金5,000円、年会費なし)

懇親会

事前登録制4,000

申し込み方法

研究会ホームページからオンライン受付 http://www.kanwaot.net

申し込み締め切り

2017109日(月)

OT協会生涯教育ポイント

2ポイント1日のみ参加 1 ポイント
(受講証明書発行)

お問い合わせ

終末期・緩和ケア作業療法研究会 http://www.kanwaot.net

〈詳細ファイル(PDF)〉

あからん研修会
平成29年10月29日(日)
開催地:東京都

あからん研修会
作業療法にイノベーションを起こそう!
~就労支援で作業療法をしよう~

会場

白寿ホール

参加人数

90名

参加費

5,000円

〈詳細ファイル(PDF)〉

がんのリハビリテーション研修会
平成29年11月04・05日(土・日)
開催地:宮城県

がんのリハビリテーション研修会

日程

平成29年11月04日(土) 09:00~19:00
平成29年11月05日(日) 09:00~15:30

会場

東北文化学園大学

受講費用

1チーム 120,000円

受講資格

HPでご確認ください

〈詳細ファイル(PDF)〉

シーティングのベーシック(基礎編)
平成29年11月11日(土)
開催地:大阪府

ISS(International Seating Symposium)に基づいた国際的シーティング~シーティングのベーシック(基礎編)~

開催日

2017年11月11日 14:00~18:00

講師

山崎 泰広先生
(アクセスインターナショナル)

場所

明治東洋医学院専門学校
http://www.meiji-s.ac.jp/access/

定員

40名

参加費

8000円

お申し込み

https://rinshoundoshogai.sakura.ne.jp/workshop/list.php

〈詳細ファイル(PDF)〉

さぎょうりょうほうしの知架羅2017
平成29年11月11日(土)
開催地:長崎県

長崎リハビリテーション学院作業療法学科講演会のご案内

さぎょうりょうほうしの知架羅2017 「障がいの受容~失うこと、そして新たな創造~」

日程

平成29年11月11日(土)9:00~12:40(受付8:30~)

会場

長崎リハビリテーション学院 東館4階講堂

内容

さぎょうりょうほうしの知架羅2017 「障がいの受容~失うこと、そして新たな創造~」

講師

竹中星郎 先生(精神科医、浜田クリニック)
山根 寛 先生(「ひとと作業・生活」研究会主宰、京都大学名誉教授)
岩崎さおり先生(脊髄損傷当事者、会社員)

参加費

1000円 (学生無料)

申込み

名前、住所を明記の上、事前にメールにてお申込み下さい。
ido@nagariha.koyogakuen.ed.jp ※10月20日(金)締め切り

問合せ

長崎リハビリテーション学院 作業療法学科 ℡0957-53-7883

〈詳細ファイル(PDF)〉

発達協会主催2017年度「秋のセミナー」
平成29年11月11・12日(土・日)
開催地:東京都

発達協会主催2017年度「秋のセミナー」

テーマ

①「感覚」の過敏と低反応-子どもの抱える困難さを理解する

  • 岩永竜一郎先生 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)

②「感覚」への支援の実際-感覚統合療法からのアプローチ

  • 岩永竜一郎先生 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)

③緊張が高い子へのリラクセーション-動作法を中心に 清水良三先生 (明治学院大学)

申し込み

お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
・電話:03-3903-3800
・Fax :03-3903-3836
・HP :http://www.hattatsu.or.jp/

ご注意

・同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。
・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。

時間

各日10:15~16:20

定員

約250 名(定員になり次第、随時締め切ります)

会場

東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室
東京都江東区有明3-6-11

受講料

各9,050 円(税込)(会員8,220 円(税込))

〈詳細ファイル(PDF)〉

シーティングのベーシック(実践編)
平成29年11月12日(日)
開催地:大阪府

ISS(International Seating Symposium)に基づいた国際的シーティング~シーティングのベーシック(実践編)~

開催日

2017年11月12日 9:00~16:00

講師

山崎 泰広先生
(アクセスインターナショナル)

場所

明治東洋医学院専門学校
http://www.meiji-s.ac.jp/access/

定員

30名

参加費

10000円

お申し込み

https://rinshoundoshogai.sakura.ne.jp/workshop/list.php

〈詳細ファイル(PDF)〉


リハビリエ房 「電卓スイッチの作製」
平成29年11月18日(土)
開催地:佐賀県

リハビリエ房 「電卓スイッチの作製」

佐賀県在宅生活サポートセンターでは今年度よリテクにカルエイド室を開設いたしました。
そのままでは使いにくい、体に合わない福祉用具を個人に合わせて 調整したり、新たに作製することで自立・自律生活を支援する事を 目的としております。
今回の「リハビリエ房」では福祉用具だけでなく日常生活を楽(快適) に過ごすための道具(生活便利品)を作製を行います。
講師の作業療法士の植田友貴先生、リハビリテーションエンジニアの井手藩文先生の指導の もと、用具の紹介と生活に役に立つ自助具を作製します。 是非、身近で便利な遭員を自分で作つてみませんか。

日程

平成29年11月18日(土) 13:30~15:30

講師

檀田友貴先生 「電卓スイッチの作製」
100円ショップの大型電卓を使った押しボタンスイッチの作製

定員

15名
受講料
500円

〈詳細ファイル(PDF)〉

認知症予防推進プログラム
平成29年11月26日(日)
開催地:佐賀県

認知症予防推進プログラム

日程

平成29年11月26日(日) 10:00~15:00(開場:09:30~)

場所

マリターレ創世(4階グランデピアッツァ)
佐賀県佐賀市神野東2-5-15

定員

200名(先着順)

会費

無料

申し込み

FAXにて受付中

〈詳細ファイル(PDF)〉

第5回 みんなで学ぼう呼吸ケア
平成29年11月26日(日)
開催地:佐賀県

第5回 みんなで学ぼう呼吸ケア
看護・リハビリの現場で役立つ!
息切れに対する包括的アプローチ~各職種の立場から~

日程

平成29年11月26日(日)
09:30~16:30

場所

佐賀県医療センター緑生館

参加費

5,000円

締め切り

平成29年11月17日(金)

定員

150名

〈詳細ファイル(PDF)〉

PT・OTも知ってほしい嚥下の基礎知識と評価
平成29年12月02日(土)
開催地:大阪府

PT・OTも知ってほしい嚥下の基礎知識と評価
~多職種連携も含めて訪問で困ったことないですか~

講師

志藤良子先生
言語聴覚士:茶山のさと、京滋摂食嚥下を考える会世話人、京都府言語聴覚士会理事
山下和典
作業療法士:RUSK副代表、京滋摂食嚥下を考える会世話人、NPO認知症排泄支援の会理事

開催日

2017年12月2日 13時~17時

参加費

5000円

定 員

40名 

場 所

大阪府:明治東洋医学院専門学校 http://www.meiji-s.ac.jp/access/

申し込み

合同会社臨床運動障害研究会ホームページよりお申し込みください
http://rinshoundoshogai.sakura.ne.jp/wp/

〈詳細ファイル(PDF)〉

第1回 地域で支える若年性認知症支援
平成29年12月03日(日)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第1回 地域で支える若年性認知症支援

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉

第2回 認知症の発症過程の理解と予防
平成29年12月03日(日)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第2回 認知症の発症過程の理解と予防

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉

多職種で支援する~長くおいしくたべること~
平成29年12月03日(日)
開催地:大阪府

たべること(つくること、かむこと、たべること) 研修会
多職種で支援する~長くおいしくたべること~

講師

志藤良子先生(ST)
辻秀治先生(調理師)
床井多恵先生(管理栄養士)
大塚賢先生(歯科医師)

所属

茶山のさと、あすかい歯科診療所(なおいあんメンバー)

開催日

2017年12月3日 10時~16時

参加費

6000円

定 員

40名 

場 所

明治東洋医学院専門学校 http://www.meiji-s.ac.jp/access/

申し込み

合同会社臨床運動障害研究会ホームページよりお申し込みください
http://rinshoundoshogai.sakura.ne.jp/wp/

〈詳細ファイル(PDF)〉

医療介護連携推進のための多職種連携研修会
平成29年12月12日(火)
開催地:佐賀県

医療介護連携推進のための多職種連携研修会

当連合会の運営につきましては、日頃より格別のご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、地域包括ケアシステムの実現に向け、地域包括ケアシステムを構築するための医
療と介護の一体的な推進が求められています。
研修会は、一つの事例を通じて、それぞれの役割と望ましい連携の在り方を学ぶことを
目的に多職種による事例検討会を開催致します。
ぜひとも、ケアマネジャー・訪問看護・訪問リハビリテーション・ヘルパー・MSW・
薬剤師などの多くの職種の方々の参加をお願い致します。
研修会参加希望の方は、別紙申込用紙により11 月22(水)までにFAXにて連合会事
務局宛お申込下さいますようお願い致します。

開催日時

平成29年12月12日(火) 10:00~17:00

開催場所

マリトピア3 階「大和」 佐賀市新栄東3-7-8 TEL0952-23-0111

研修内容

「地域包括ケアシステムの実現に向けて多職種で考える」
~事例を通じてそれぞれの職種から地域の課題を発見し解決方法を学ぶ~
・望ましい連携とは?
・チームで考えよう

講師

日本ケアマネジメント学会 副理事長 白木裕子 氏
(株式会社フジケア 代表取締役社長:北九州市)

対 象 者

ケアマネジャー、看護師、理学・作業療法士、ヘルパー、MSW、
薬剤師、保健師、管理栄養士、歯科衛生士ほか医療・介護関係者

参加費

1人 3,000円 ※当日受付にてお支払いください。
連合会関係団体以外の方は1 人 6,000 円

〈詳細ファイル(PDF)〉

医療介護改革 国から地域へ
平成29年12月17日(日)
開催地:大分県

医療介護改革 国から地域へ
~制度改正・報酬改定の動向から作業療法士に求められる行動を考える~

日 時

平成29年12月17日(日)9:50~12:00(受付9:30~)

場 所

大分大学 旦野原キャンパス 第2 大講義室(大分市大字旦野原700 番地)

講 師

小川 克巳 氏(参議院議員 理学療法士)
コメンテーター
杉原 素子 (日本作業療法士連盟 会長)
コーディネーター
荒木 良夫 (大分県作業療法士連盟 会長)

対 象

作業療法士、理学療法士、言語聴覚士及び関係職種

参 加 費

作業療法士2,000 円、他職種2,000 円、学生500 円
※当日、大分県作業療法士連盟への入会は可能です。

申込方法

別紙申込用FAX を大分県作業療法士連盟事務局へ送信してください。

締切

平成29年11月30日
※定員となり次第、締め切りとさせていただきます。

後 援

(公社)大分県作業療法協会 (公社)大分県理学療法士協会
(公社)大分県言語聴覚士協会 大分県理学療法士連盟

問合せ先

藤華医療技術専門学校 鳥越克志 TEL:0974-22-3800

〈詳細ファイル(PDF)〉

第3回 理論やエビデンスに基づく認知症ケア
平成29年12月23日(土)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第3回 理論やエビデンスに基づく認知症ケア

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉

第4回 認知症の人の在宅生活支援 ~看護師の視点から~
平成29年12月23日(土)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第4回 認知症の人の在宅生活支援 ~看護師の視点から~

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉


第4回 地域における認知症の人の生活支援~認知症初期集中支援チームの実践から~
平成29年12月23日(土)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第4回 地域における認知症の人の生活支援~認知症初期集中支援チームの実践から~

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉

第5回 認知症のIADL 障害とリハビリテーション
平成30年01月20日(土)
開催地:佐賀県

認知症ケアに携わる者のリハビリテーション研修会
第5回 認知症のIADL 障害とリハビリテーション

目的

本事業は、地域の医療機関や介護保険事業所等に勤務する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象に、適切な認知症リハビリテーションの知識・技術、支援の知識・方法等を修得するための研修を実施することで、認知症の発症初期からの支援体制の構築を促進することを目的とする。また、地域の介護保険事業所に勤務する介護職員等を対象に、認知症リハビリテーションに関する基本知識や技術を修得するための研修を実施することにより、介護保険事業所等での認知症の人への認知症リハビリテーションのエビデンスに基づいたケア・連携等の適切な実施の確保を図ることを目的とする。

参加費

無料

対 象

佐賀県内外の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(介護保険事業所に勤務する介護職員等向け研修会も申し込み可能です)

定 員

200名

申込方法

HP・別紙申込用紙をご記入のうえFAX(0952-51-4481)をお願いいたします。

問い合わせ先

西九州大学 上城(かみじょう)憲司 TEL:0952-37-9320

〈詳細ファイル・申し込み用紙(PDF)〉

第9回 学術集会開催および演題募集
平成30年02月03日(土)
開催地:福岡県

第9回 学術集会開催および演題募集

日時

平成30年02月03日(土) 09:00〜(仮)

会場

福岡国際会議場5階 中会議室
福岡県福岡市博多区石城町2-1

内容

特別講演

光安 廣倫 先生(光安整形外科 副院長)

教育講演Ⅰ

田崎 和幸 先生(愛野記念病院 手外科センター)

教育講演Ⅱ

野中 信宏 先生(愛野記念病院 手外科センター)

ディベート

手指屈筋腱断裂術後の外固定について~屈曲位固定 VS 伸展位固定

その他
一般演題,ランチョンセミナーなど

参加費

事前受付 6,000 円(弁当・お茶代込み) 当日受付 7000 円
■同日「第 39 回九州手外科研究会学会」開催予定(同会場)
■詳細は九州ハンドセラピィ研究会 HPhttp://kyushuhand.com/まで。 (随時更新予定)

演題募集

  1. 応募資格: OT・PT
  2. 発表形式: 口述発表(一般演題)
  3. 応募期間: 平成 29 年8月 7日(月)〜 9 月 15日(金)
  4. 応募方法: 九州ハンドセラピィ研究会 HP より抄録作成要項を入手し、 演題応募 E-mail アドレスへ作成した抄録を添付してお送り下さい。 →詳しくは抄録作成要項をご覧下さい。

学術集会事務局

川﨑病院 手外科センター 作業療法士 武田 実
TEL:0943-23-3351
Email: kyushuhand_9fukuoka@yahoo.co.jp

〈詳細ファイル(PDF)〉

SAOT勉強会
毎月第3金曜日
開催地:佐賀県

SAOT勉強会

このたび、数年前よりひらまつ病院・有島病院・白石共立病院で開催しておりました合同勉強会を平成22年2月より佐賀県作業療法士会協賛開催する運びとなりましたので会員の皆様にご連絡申し上げます。
つきましては下記の通りに今後開催していきますので、参加を希望される方は下記連絡先までお問い合わせ下さい。

日 時

毎月第3金曜日 19:00~21:00
担当者によって開催日時の変更ありお問い合わせの上ご確認下さい

場 所

白石共立病院、ひらまつ病院のいずれかで開催(お問い合わせ上ご確認下さい)

内 容

参加者による当番制で行うショートレクチャー(テーマは自由)・事例検討

参加費

無 料 ☆生涯教育基礎コース(1ポイント)

参加人数

30名前後 (人数が多い場合は参加をお断りする事もございます)

問い合わせ先

下記のアドレス、または電話にて問い合わせてください。

連絡先

白石共立病院 リハビリテーション部 作業療法科
      〒849-1112 / 杵島郡白石町大字福田1296
      電話:0952-84-6060
      FAX:0952-84-6711
      メール:kitoreha@air.ocn.ne.jp

LinkIcon<詳細ファイル>

NPO法人学びあい

NPO法人学びあい

私たちの障がい体験を、社会に活かします。
その1 【体験を活かした講義】リハビリ体験や障がい体験による講義、講演ができます。
その2 【研修イベント企画】片手の料理教室等の研修、地域リハイベントを協働企画します。
その3 【協働研究】リハビリテーション・医療・福祉に関する研究を当事者と協働で行います。
そして、私たち自身も社会参加、社会貢献が可能となります。

LinkIcon<詳細ファイル>

さんやまち
3の倍数月の第一金曜

さんやまち

「さんやまち」は、「集団」を「治療道具」として捉え、「個」を大事にしながら、環境を上手に活用し、「集 団」をツールとして利用し、介入する。そしてその介入でどのような効果を得るか、それを判定するためには どのような評価方法があるのか、を皆さんで考えていこう!という会です。 「木を見て森を見ず」⇒ 物事の一部分や細部に気を取られ、全体を見失うこと。 ・・・でも 1 本ずつの「木」を特性を知ることで、その森の良さを改めて実感できる瞬間がありますよね。 「木=個」に気配りしながら全体の見通しを立てると「森=全体」の見え方が変わります。 「個」を見ることができなければ「集団」を扱うことができない。 「集団」を扱うには「個」の特性を把握しなければならない。 「集団」を学ぶことで、「個」への対応にもより気配りができるようになる。 これは領域を問わず、作業療法士が対象となる方と接する上では非常に大切なことです。 皆さん、「さんやまち」で一緒に楽しみませんか?

さんやまち 代表 江渡 義晃

開催月

3の倍数月(3月、6月、9月、12月)の第一金曜
19時頃から90〜120分間で開催します。

会場

その都度決定します。

内容

事例(グループ)検討、文献抄読、テーマ討議等を予定

参加費

「さんやまち」会員は参加費無料(年会費1,000円)
非会員は1回の参加につき500円徴収致します。
(一社)日本作業療法士協会SIG認定を受けています。参加に伴い生涯教育基礎コースポイント給付対象となります。

問い合わせ先

事務局 佐々木 絵里 医療法人清心会 服巻医院 Fax 0955(72)2359 メールアドレス sanyamachi_2016@yahoo.co.jp

<詳細ファイル(PDF)>